読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

父から娘へ2 〜1960年代、僕が10代で映画を見始めたころのこと

 

   ブログにまとめるため、10代の頃の映画に関する記憶を呼び起こそうとしているのですが、系統立ててしっかりとは思い出せないものですね。半世紀も前のことなので、話が前後することなど今後あるかも知れませんが、その際はお許し下さい。ということで、思いつくままに映画を見始めた頃の話を書き記したいと思います。

 

  高校時代に衝撃を受け、その後の映画人生に多大な影響を及ぼした作品が2本あります。

 

  その1本は「天使の詩」(1967年公開)。初めて泣いた(号泣!)作品で気恥ずかしくてしょうがなかったことを覚えています。

 

天使の詩  [HDマスター] [DVD]

天使の詩 [HDマスター] [DVD]

 

 

   それまでは007シリーズ等スパイアクション物とかの娯楽作品を見ることが多かったので、映画を見て泣くなんて考えられませんでした。映画館通いをしているうちに偶然感動作に出会えたということなんですね。

 

  内容はといえば、お母さんを亡くした少年がお父さんの色んな誤解のせいで死んでしまう話で、見ていてその心情が堪らなく辛かったのでしょうね。イタリア映画で確か原題も「誤解」だったのでは。17歳で多感だったんですよ、お父さんも。この映画は当時かなりヒットしたみたいだったので涙にくれた観客も大勢いたと思います。何年か後に任侠映画を見るようになってからは、しょっちゅう殴り込みの場面とかで泣いていましたから、二十歳を過ぎて一気に涙の質が変わってしまったのかもしれません。

 

  もう一本の衝撃作は「男性・女性」(1968年公開)という作品。

 

 

  この映画は実は音楽でも有名な名画「男と女」を見ようとして間違って見てしまったもので、その衝撃度は超メガトン級。この映画と出会ったことでお父さんの将来の道筋がほぼ決まったといっても過言ではありません。勘違いで見た映画で将来が決まるなんて嘘みたいな話なのですが、本当なんです。でもこの映画からアート系映画、今で言うミニシアター系列映画の存在を知ることになるのですから、それぞれの映画との出会いは本当に大事にしないといけないですよね。

 

  この映画は当時のフランスの若者たちの姿をアジテーション風の台詞の氾濫で浮かび上がらせようとする新形式の青春映画と言えるでしょうか。いわゆる思索を強いる種類の作品内容で、なんだこの映画はと唖然としながら画面を見つづけていました。今まで見てきた活劇やストーリーを楽しむエンターテイメントな娯楽作品とは明らかに違う種類の映画との遭遇に目からウロコ状態を味わいましたよ。でも新鮮な感動を覚えたのも事実で、理解を深めるため映画パンフレットを購入。採録シナリオ入りだったのにはただただびっくり。格好つけた言い方をすれば知的好奇心に訴えかけられる作品だったようですね。この時、<atg>というアート系映画の配給会社を知ったのも収穫でした。この映画の監督が当時の映画青年から熱狂的に支持されていたゴダール監督と気づいたのはその後しばらく経ってからのことでしたが、この日を境にして勘違いで入場した<名宝文化>という映画館で名画をみる機会が増えてきました。

 

  今回は少々ややこしい映画の話しばかりになってしまいましたが、映画館勤務がはじまってかなり早い時期に系列館のミニシアター担当支配人に抜擢されることになったのは、この「男性・女性」との突然の出会いがあったればこそと今も信じて疑いません。お父さん自身の話より、携わった映画館の話を早くしたいのに寄り道が多くなってしまって。次回から少しずつ映画館のことにも触れていきたいと思いますので、今回の寄り道話はご容赦ください。

 

  先週見た「64-ロクヨン-後編」がまずまず面白くて、傑作だった前編を併せて久々の大人の観賞に堪えられる力作に仕上がっていました。今年を代表する名画として年末には脚光を浴びるのでは。誘拐事件のサスペンスより警察組織の緊張関係が胸をえぐられるようで面白かったですね。テレビでも構いませんので、機会があれば是非見て下さいね。


「64-ロクヨン- 前編/後編」 予告